Adobe Illustratorで特定のオブジェクト(キーオブジェクト)を基準にして整列させる

イラレでの作業では欠かせない整列ですが、特定のオブジェクトを動かさないようにしてそこに整列させたい場面ってありますよね。
そんな時にはキーオブジェクトを設定してあげると良いのですが、意外と知られていないな。と思ったので今回はキーオブジェクトについて書いていきます。

今回実現したいことは、(Y座標の)下の方にあるオブジェクトを基準にして、そのオブジェクトを動かさないで上端に整列させたいということです。

この記事では上端を合わせるとしていますが、左右、下端、水平方向・垂直方向の中央のどこでも同じ方法で整列させることができます。

目次

  • キーオブジェクトを使わない整列
  • キーオブジェクトをを使って整列

Advertising

キーオブジェクトを使わない整列

例えば、オブジェクトの上端に揃えて整列させたい場合はオブジェクトを選択して上に整列(垂直方向上に整列)させますよね。
ただ、これだと選択したオブジェクトのうち、一番上にあるオブジェクトに合わせて整列してしまいます。
もちろん、それでいい場合は問題ありませんが……

キーオブジェクトをを使って整列

下の方にあるオブジェクトを基準にしたい場合には「キーオブジェクト」を指定して整列をさせます。

「キーオブジェクト」を指定するには、

  1. 整列させたいオブジェクトを選択。
  2. 基準にしたいオブジェクトをクリック(クリックするだけ。キーを押したりしない)。

これでOKです。

キーオブジェクトはそれ以外のオブジェクトよりも太い線で囲まれます。 キーオブジェクトを指定したら、いつものとおりに整列させます。

こんな感じで指定したオブジェクトを基準にして(動かさずに)オブジェクトを整列できます。

まとめ

このキーオブジェクトはイラレの整列パネルの「等間隔に分布」を使用する時にも役立つので覚えておくとイラレの作業がラクになります。
キーオブジェクトを使用しなくても手数をかければ同じ結果は得られますが、少しでもラクしたい、時短したいですよね。

Author

すずき のりえ
@planbworks

Webデザイナー / グラフィックデザイナー / エイチレフ合同会社 業務執行社員
コーポレートサイト・リクルーティングサイト、会社案内・入社案内がメインです。最近では医療・福祉系のお客様が多いです。
2015年10月より母校で非常勤講師(DTP)。2017年3月よりお茶のお稽古に通っています(裏千家)。

関連記事