WordPressがルートディレクトリにインストールできなくて困った!を解決する方法

WordPressをインストールしたいんだけど、レンタルサーバーによっては簡易インストールを利用するとサブディレクトリにしかWordPressがインストールできなくて困る!ということや、ルートディレクトリがWordPressのファイルで散らかるのがイヤ!という場合もあるかもしれません。
そんな困ったを解決する方法をお勉強しましたのでメモ。

目次

  • WordPressをインストール
  • 管理パネルで操作
  • ファイルをコピーする
  • index.phpを編集する
  • 作業完了

Advertising

WordPressをインストール

WordPressを「wp(任意の名前)」というディレクトリにインストールします。
普段通りのインストールでOKです。

管理パネルで操作

WordPressにログインして「設定」>「一般設定」に移動します。

サイトアドレス (URL)」をルートディレクトリのURLに書き換えます。「/wp」を削除するとも言いますね。
書き換えが完了したら変更を保存します。

WordPress Codexには

この時点ではエラーメッセージが出ても気にせず、サイトを表示しようとしないでください。「ファイルが存在しない」というメッセージが出るはずです

と注意書きがしてありますが、私が今回テストでインストールした限りではエラーメッセージは出ませんでした。

ファイルをコピーする

「wp」内にあるindex.phpをルートディレクトリにコピーします。
移動ではなく、コピーです。コピーをしてください。

また、この行程までにパーマリンクを変更している場合は.htaccessも一緒にルートディレクトリにコピーしてください。
既に.htaccessがある場合は、次のindex.phpの編集作業が終わった後にパーマリンク設定を更新します。これで.htaccessが更新されます。

index.phpを編集する

ルートディレクトリにコピーしたindex.phpを編集します。
17行目に

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

と記述されているところを

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

とします。

インストールしたサブディレクトリの名前を書き加えるだけですね。

作業完了

これでサブディレクトリにインストールしたWordPressをルートディレクトリのURLで表示することができるようになりました。

後はいつも通りに設定をしていけば良いというわけです
1点気をつけたいのは、ログイン画面のURLはサブディレクトリの「wp/wp-login.php」になりますのでご注意ください!

参考サイト

WordPress を専用ディレクトリに配置する – WordPress Codex 日本語版

Author

すずき のりえ
@planbworks

Webデザイナー / グラフィックデザイナー / エイチレフ合同会社 業務執行社員
コーポレートサイト・リクルーティングサイト、会社案内・入社案内がメインです。最近では医療・福祉系のお客様が多いです。
2015年10月より母校で非常勤講師(DTP)。2017年3月よりお茶のお稽古に通っています(裏千家)。

関連記事