WordPressで投稿の表示順を簡単に並べ替えられるプラグイン『Post Types Order』

WordPressを使用したサイトで、投稿した記事の順番を後から自由に入れ変えたいという要望がありました。
そこでぱっと浮かぶのは公開日時の変更だと思いますが、入れ替えの頻度が頻繁だったり、数が多いといろいろ面倒な事が多いですよね。
そこでもっと簡単な方法はないかと調べたところ管理画面から簡単に操作できるこの「Post Types Order」を使用することにしました。ありがたいありがたい。

目次

  • プラグインをインストール
  • 設定
  • 操作画面

プラグインをインストール

管理画面のプラグイン > 新規追加から「Post Types Order」で検索してプラグインをインストール、プラグインを有効化します。
プラグインディレクトリから直接ダウンロードしたい場合は下記URLからダウンロード可能です。

https://wordpress.org/plugins/post-types-order/

設定

特に細かい設定はありませんが順に見てみます。

Minimum Level to use this plugin

どの権限のユーザーまでがこのプラグインを使用して順番を並べ替えられるかを設定します。
デフォルトは「Subscriber」となっています。

  • Subscriber (購読者)
  • Contributor(投稿者)
  • Author(作成者)
  • Editor(編集者)
  • Administrator(管理者)

Auto Sort

並び替えを自動的に反映させるかどうか。
細かい順番の設定が必要な場合はチェックを外して「Show Examples」をクリックして表示されるコードを使用してね。というようなことが書いてあるようです。
デフォルトはチェックが入っていますので、通常はそのままでOKかと思います。

Admin Sort

管理画面の投稿一覧に並び替えを反映させるかどうか。 こちらもデフォルトはチェックが入っていますので、そのままで使用します。

操作画面

記事を並べ替えるには投稿メニューの「Re-Order」から行います。
カスタム投稿タイプを使用している場合はカスタムにも同じサブメニューが表示されます。
Re-Orderの画面はこのようになっています。

ステータスが「下書き」「レビュー待ち」の投稿も表示されます。
この画面で記事をドラッグ&ドロップでお好きな並び順に記事を入れ替えます。
「Update」ボタンをクリックして記事の並び替えが完了です。

まとめ

WordPressをブログとして使用している分にはあまり需要がないかもしれませんが、一般的なWebサイトなどで必要になる場面が出てくるかもしれないので、一つ覚えておいて損はないプラグインだと思いました。
  • Advertising
  •  

関連記事

コメント